イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
餌付け大作戦!! 
ペットショップにて、ハリネズミのエサを買い漁ってきました。

hedgefood.jpg


家から一番近い小売店がペットショップと言うのは、どうかと思いますが、一見小さそうな店内、実に大きかったです。しかも、2階まであるし・・・。
ものめずらしさも手伝って、探検してきましたが、コオロギとか売っていて、何するんだろう? 飼うのかな? と思ったら、カメレオンとかタランチュラのエサ用だったし。(汗) 
ウジャウジャ動く昆虫や幼虫類は、見ていてなかなか・・・。
ハリネズミも、室内で飼うとなったら、こういうものが必要らしいけれど、家のは野生だから、必要なたんぱく質は、自分で摂ってください、と言うところです。それでも、ハリネズミフードをあげたいという欲求。もう、支離滅裂。(爆) 

と言うことはともかく、ハリネズミのエサを買ったら、レジのオネーちゃんが興奮気味に、「ハリネズミが出るのね? 子供??」と質問してきたりして、「巨大なのとチビが出没するのよ~」などと、世間話をのんきにしてきました。
・・・ハリネズミ、意外に隠れた人気者? 
スポンサーサイト
page top
夜行性動物なんじゃ・・・
ハリネズミって、夜行性動物だと思っていたのですが、家にいるのは、ちょっと違うようで・・・。

この記事にも書きましたが、隣のオバさんが、夕方4時くらいにチビハリネズミを目撃していますよね。
今くらいの季節の夕方4時って、バリバリ明るいんですよ。何しろ、暗くなるのが9~10時くらいなものだし。
ので、4時=とんでもなく早起きと思っていたのですが・・・。

今日、BBC1時のニュースを見ていた時間に、ハリネズミを目撃しました。(爆) 
何ちゅーか、早起きと言うか、不眠症ですか? 

hedge5.jpg


コンポストの後ろ側で、何かモゾモゾと動くものを発見。よくみると、ハリネズミでした。
こんな時間に何をやっているのやら、と思って観察すると・・・。

hedge8.jpg


小枝などをくわえているのが確認できます。

hedge9.jpg


その小枝とくわえたまま動き出し、なんと言っていいのかよくわからないところへ向かってモゾモゾと這って行くので観察を続けたら・・・。

hedge10.jpg


この、コンポストのフタと木の切り株の間に「家」を作っていたようです。・・・家に「家」があったのか・・・。道理でよく見かけるはずだ。
でも、このハリネズミはチビハリネズミで、よく見かける巨大オトナハリネズミではないんですよね。巨大オトナハリネズミは、どこに住んでいるのだろう。お隣さんかな? (爆) 

と言うことはともかく、何で昼間から活動しているんでしょうか、家のハリネズミ。<すでに所有物と化しています。ペットだ!! 餌付けしちゃうぞ~。(爆) 
ここ数日の大雨の被害を被って、徹夜(と言うか、徹昼?)で修理をしていたんでしょうか? 
何はともあれ、家に出没するハリネズミは、必ずしも夜行性ではないようです。・・・。

page top
ハイビスカスの
花が咲きました♪ 

20070625171258.jpg


ちなみに先日、手違いでひとつつぼみを落としてしまったので、自己嫌悪していたところです。
ほかのつぼみがちゃんと咲いてくれてよかった☆ 
page top
雨、雨、雨・・・。
雨だらけの6月、なんだそーですByBBC

家の周辺はそんなに降ってはいないのだけれど、あちこちで大雨洪水状態だそうで・・・。すごいことになっているなーと、ニュース見てビックリ。
最近、洪水のニュースが非常に多いです。被害者の方々、がんばってくださいな~、と声援をテレビに向かって投げてしまうくらいすごいことになってます。
ところが、洪水が多い地域でも、日本ほど治水工事がしっかりしているかと言ったら・・・、答えは多分否でしょうねぇ。

ここ最近、集中豪雨というものがクローズアップされているイギリスですが、日本ほどスゴイ集中豪雨=台風というものがないと言うのもあると思うので、スゴイ堤防を一級河川に敷いたりとか、そういう現場をあまり見かけません。
治水方面は、堤防と言うか、水位調節をするテムズバリアくらいかしら? ほかにもあるんだろうけれど、イワユル、日本のようにスゴイ堤防を見かけるということが、あまりないです。あ、ブリストル方面のセヴァーン(と書いてセヴンとこっちの人は読みますが)川は、堤防ありますよね。
でもそこら辺で、堤防の区別なくいきなり流れている川ばかり見かけるんですけれど、私だけの気のせいではないと思います。
ええ、その証拠(?)に、和辻哲郎氏も、その著書の中でおっしゃっていたような・・・。<古い例を出すなとお叱りを受けそうですな。(爆) 

でもねー、むかーしむかし、その昔、日本が文明開化したあと、治水工事の技術は、オランダやイギリスから取り入れたんですよね。100年とちょっと前は、イワユル治水先進国だったのかぁ。それが今や・・・洪水だらけ? 

地球温暖化とか、恐ろしいことを言って人々を怖がらせるのはかまわないけれど、と言うか、人々も一考すべき時期に来ていると思うけれど、将来に向けて、もうちょっと治水どうにかしようよ、行政さん、と思わなくもないワタクシでした。
保険会社に任せるだけで、いつまでも同じ過ちを繰り返すだけって言うのは、進歩がないよ。うんうん。
と、エラソウに語ってみました。(爆) 
page top
バトン
日常の青い鶏の千鶴さんから、バトンをいただきました☆ 

まわしていただいて、うれしかったのですが、ルールを見て、戦々恐々。(笑) 

《バトンのルール》
1.必ずバトンをわたす大切な方々5人の名前を題名に書いて驚かせてください。
2.回ってきた質問には等身大の自分で答えましょう。
3.やらない子にはお仕置きです。

やらない子にはお仕置きって、どういうお仕置きなんだろうと、ちょっと???だったりしますが、それはともかく、何が恐ろしいって・・・、

私のところに来た時点で、すでに皆様やっていらっしゃるんじゃないだろうか? という疑問。

ということで、のっけからルール破りします。あ、題名に回す人の名前を書いてないから、すでに破ってるか・・・。(爆) 
ええ、私が勝手にアンカーになりますので、回しませんです。
「私やってないからやるよ~」という方、おりましたら、ヨロシク持って行ってくださいませ☆ 

前置きが長くなりました。
ではでは、バトンです。


・名前は?
しいこ

・年齢は?
これは・・・どう答えていいものやら。(笑)

・職業は?
いろいろ肩書きがあるのですが・・・。

・今悩みはありますか?
悩んでばかりの毎日です。(笑)

・自分の性格を一言で言うと?
一言で言えないです。

・誰かに似ている!と言われたことは?
外見的にも性格的にもないです。さみしいのう・・・。 

・動物占いの動物は何だった?内容はあてはまってる?
http://www.ddart.co.jp/doubutu/doubutu.html
ドキュメントが見つからないそうです。(爆) 

知っているから書くけれど、私黒ヒョウなんですよね。
そんなにファッショナブルでカッコイイ人間じゃあないです。

・社交的?人見知りしちゃう?
人見知り方面に傾いています。

・人の話には耳を傾ける?
ヒトサマの言葉には、もちろん耳を傾けます。
その人を理解するのに、人の話しを聞かなかったら、理解も何も出来ないし。友達になれないし・・・。

・ギャンブルは好きですか?
やったことないです。のでたぶん嫌いの部類に入ると思います。
トランプとかカードゲームからして苦手です。カジノに入ったことなどもちろんないです。
宝くじに至っては、買ったことないですし・・・。う~む。

・好きな食べ物&飲み物?
自分が美味しいと思うもの。(笑) 

・恋人はいますか?
現在植物主義者です。(爆) 

・彼、彼女にするならこの人が理想 ?
俳優のジェームズ・スペイダーと言ったら、夫が呆れました。ヘンですか? 

・彼、彼女と喧嘩をした時自分から謝れますか?
自分に非があれば、もちろん謝ります。

・親友と呼べる友達は何人?
かけがえのないお友達はいるけれど、何人とか数えたくないです。

・バトンを回してきたあの人、正直○○だ  
私にとって、すごく興味深い、すがすがしい方です。

・何人家族?
夫一名。
植物いっぱい。
隣のネコ一匹がときどき里子にやってくる。

・ペットは?
ときどき出没するハリネズミ。確認できているだけで二匹。

・今までの経験でおもしろいこと、自慢できる事
仕事がらみで、作品が何度かテレビ放映されて、患者さんがうれし泣きしてくれたこととか? 
しかし、あまり自慢にならないような・・・。

・このためなら一食抜ける
プチ断食したら、一食抜ける、かなぁ。・・・。

・趣味、特技は?
趣味;読書、ヨガ? 
特技;自慢できる技能って、多分ないです。

・好きなブランドは?
洋服のブランドはこだわらないし、雑貨も気に入ったものを手に入れるくらいで、特にないです。

・行きたい所は?
ヨガ&アーユルヴェーダ休暇って、今すごくあこがれるなぁ。

・もし自由に使える100万円があったら?
植物を増やします。

・夢のために今何かしてる?
しているけれど、どうも滞り勝ち。よろしくないなぁ。(爆) 


以上です。

読み返してみて、ぜーんぜん面白味がないなぁ、と反省。たいした自己紹介にもなっていないですよね。(汗) 
等身大のワタクシなんて、こんなものよね~と、開き直っちゃったりしているし。(爆) 

と言うことで、つまらないバトンを読んでくださった皆様、ここまでお付き合いありがとうございました☆ 
page top
あやつられ文楽鑑賞
あやつられ文楽鑑賞 あやつられ文楽鑑賞
三浦 しをん (2007/05)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


を読了しました。
ウェッブマガジン連載のときから読んでいたりしたのですが、一冊の本になって、読んだ印象もなんとなく変わりました。

文楽は、生で見たことないし、劇場中継をときどき見たくらいで、ぜーんぜんわからないのですが、昔から興味はちょっとあったりなんかしてました。
しかし、悲しいかな海外生活。文楽を気軽に鑑賞なんて、出来なかったりします。
歌舞伎やお能に狂言あたりは、ロンドンに行けば見れたりするらしいけれど、それにしたって日本のように自由に、とは行かないのだろうし。・・・。
と、不満からはじめてみました。(爆) 

三浦しをん嬢が文楽エッセイの連載を始めて、読み進めて行くうちに、伝統芸能について、わからないなりにもなんとなくわかってくるような・・・。それでも、現物が見れないのがつらかったりするのですが。(笑) 
でもって、文楽そのものよりも、その裏方さんの魅力が光るエッセイなので、やっぱりますます文楽を見たくなってきちゃうわけで・・・。ある意味、再読しなければよかったとも思っちゃいました。(爆) 

伝統芸能の世界は、奥が深いですねぇ。
今度帰国したら、きっといの一番に見に行くと思います、文楽。お能や落語や歌舞伎も見たいけれど・・・。そして、いろいろな共通演目を、比較対照してみちゃったりするのかもしれないです、しをん嬢のように。
そういう古典芸能三昧の日が来るといいなぁ~。
page top
カンパニュラ
一週間前に蒔いたカンパニュラの種が、発芽しつつあります。

20070620154349.jpg


芽が出始めて一安心。
これで来年の夏に、お花になったカンパニュラに逢えるかな? 
全滅しないことを祈りつつ、大事に育てたいと思います。しかし、大事って・・・、水やるだけのような、気も、しなくも・・・ない、ような。(爆) 
あ、植え替えが待っているか。
page top
ハリネズミ激写☆ 
この記事の続きです。

hedge1.jpg



昨夜、ハリネズミの撮影に成功しました!! 
しかし、このハリネズミ、家によく出没する大きなハリネズミの子供のようで、かなり小さかったです。どうやら、隣のおばさんが夕方4時に目撃したチビハリネズミと思われます。
サイズが小さい上に、かなり遠くから撮ったので、こんなに小さいです。(笑) 

hedge4.jpg


そして、もっと近寄って撮影しようとしたら、ハリを逆立て始めました。
私、危険(人)物? 
このまま私に向かって突進してきたらどうしよう、と冷や冷やしながらも、図々しく、フラッシュまで焚いて撮影。(爆) 
驚かせてゴメンナサイ。

そのあとは、あっという間にいなくなりました。
ハリネズミって、もそもそした外見とは裏腹に、すばしっこいヤツラなようです。
よく見かける大きなハリネズミなんて、写真の用意をしている間にいなくなるもの・・・。それとも、危険なオーラを察知して、すぐに消えるのでしょうか? 

と言うことはとりあえず、これに懲りずに、また遊びに来てね~☆ とハリネズミに電波を送るのでした。(爆) 

page top
ブロメリア
スーパーにて、そのカワイイ姿に魅せられて、ブロメリアを買いました。
始めて見かけた日から数日で、すべて売り切れ。
私にとっては、結構いい値段してたんですけれどね。私だけでなく、皆を魅了しているに違いない。
ということはともかく、ラベルにはブロメリアとあったのですが、調べてみると、なんとなく、グズマニアなのではないだろーか、と思うわけで・・・。

20070619153048.jpg


これなのですけれど、どーなんでしょうねぇ? 
ついでながら、なぜか傾いています。(笑)  
page top
ゲテモノ食い? 
缶詰のクラムチャウダーで、スープスパをしました☆ 
いえね、缶詰って塩味が濃いので、水で薄めたけれどもまだ濃かったりして、スープで飲むのはつらいな~と思っていたところに、ミネストローネのようにパスタを入れたら美味しいかもしれない!! などと邪道(?)なことを考えまして、実行しました。

結果から言うと、美味かったでっす!! 
いや、美味かったと言うのは贔屓だな、食べられたと言うべきか? (爆) 
しかし、昔懐かしいスープスパの味がしました☆ 

教訓その一。安売りしていても、缶詰のクラムチャウダーはしょっぱすぎるので買うのはよそう。
教訓その二。でも値段の誘惑に負けたら、スープスパだ!! 

以上。

クラムチャウダー自分で作ったほうが美味しいような気がする、と言うことは、また別の機会に語るとして・・・って何時になることやら。(笑)
page top
魚の訪問販売。
いきなり今日、魚の訪問販売のおっさんが来ました。
そういうのがこの辺に来るということをも知らなかった私デス。(爆) 

話を聞いてみると、3ヶ月に一回くらい回ってきているというんですが、私、そんなサービスがあったなんて、本当に寝耳に水なんですけれど・・・。
というわけで、ブツを見せてもらいました。
見せてもらいながら、話を聞いていると、船内冷凍で、新鮮なまま瞬間冷凍しちゃうから、スーパーやそこらの魚屋よりも新鮮なんだよ~とか、エビも下茹でしてから冷凍したものと処理しないでそのまま冷凍したものがあるとか、種類もそれなりに選べるとか。な~るほど、なかなかよさそうですなぁ。
しかし、箱単位で売ってるので、一種類買っただけでもトンでもな量になっちゃうのです。冷凍保存が出来るとはいえ、一種類2キロ単位で売ってるんだもん!! そんな大量の魚を家の冷凍庫に保存できないってば!! 
なので、ここは、「そのうち寿司ぱーちーでもするときに連絡入れます」と言って逃げることに。(爆) 

どーせだから、オーダーフォームにコンタクトナンバーなども聞きました。
欲しかったら、あとでオーダーすればいいんだしね~。
で、最後におっさんは、「次回は9月に来るから~」と言って去っていきました。
今まで遭遇しなかったのに、果たして次回出会えるんでしょうか? 激しく謎です。(笑) 
でも、欲しいときにオーダーできるもんね~、と言う強みが出来たことだし、そのうち注文しちゃうかもしれません。
こうご期待。<意味不明。(爆) 
page top
腰痛に効くヨガ
と言うものを、昨日のクラスでやりました。

先生自身が腰痛持ちで苦しんでいると言うのももちろんあるだろうけれど、普段はバラバラ(?)にやっているなじみのポーズも、この順序でやるとあら不思議、なんだか腰痛によく効くのよね~なんだそうです。
私を含めてクラスに何人かいる腰痛持ちさんのためのプログラムだそうです。らっき~。
問題は、29のポーズで成り立っているシークエンスだから、時間内で終わらないと言うことくらい。(笑) 

そんなわけでクラス全員で強制的(笑)にやらされました。
一部の人間は、このシークエンスをやって、余計に腰が痛くなるんじゃないの~とか笑いながら・・・。(爆) 

本当に、それぞれのポーズは、いつもやっているなじみのあるものばかりで、何でこれだけやったら効かないんだ? とか、この順序なのは何でなんだ?、とか、考えさせられる内容でした。一体誰が組み立てたのだろう、とか。<多分アイアンガー先生でしょうけれど。
しかし、この順序でやるといいというのは、一体どこから出てきたのか・・・。偶然の産物なのかしら? 経験のなせる業でしょうか? それとも科学的(?)に証明されているのかしら? 
すごく気になります。

肝心の効果のほどは・・・。
よくわからないけれど、背中がすっきりしました☆ 
腰痛に効くって、こういうことなんでしょうか? 
page top
その後の枯れ葉ネコ。
日曜日に足を引きずっていた枯れ葉ネコですが、今日遊びに来てくれました。しかも、足は完治(?)。

20070614120527.jpg


暑いので、日陰で一休み中のご様子。
保護色ですな~。

page top
チャリティーショップにて、
室内用植木鉢になりそうなものをかっさらってきました。(爆) 

poole2.jpg


のなかのひとつがこれで、5ポンドもしましたが、なんか、カワイイので、高めだよな~と思いつつも買ってしまいました。
ほかのツボやら食器やらは、2~3ポンドくらいでした。

で、お会計するときに、ボランティアのおばーちゃんが、「これはいいモノよ。Pooleの陶器なのよ」というので、裏をひっくり返してみてみたら・・・。

poole1.jpg


写真がボケボケでスミマセン。
でも、手描きでいろいろと描いてあるのですよ。

これって、値打ちモノなのでしょうか??? 私には宝の持ち腐れ的なアイテムなんじゃないか? などと思ったりしなくもないような・・・。
プール陶器って、これ? つか、有名なの?? 陶器好きとは思えない発言をしてみる。(汗) 

なんかよくわからないけれど、私これにポトスを植えようかな~なんて思ってたりするんですけれど。これって、植木鉢じゃないの? 植木鉢以外の使用法って、何?? ・・・だって、それ以外の用途って、このフォルムを見たら思いつかないんじゃないかな~と、自己正当化をしてみました。(爆)

page top
日本の伝統
日本の伝統 日本の伝統
岡本 太郎 (2005/05/10)
光文社

この商品の詳細を見る


このくらいの厚さの本なら、普通ならすぐに読めちゃうのですが、この本にはいろいろ考えさせられまして、読んでは止めてを繰り返し、ようやく読み終わったところです。

感想は一言、岡本太郎は偉大だ!! 

私が中学のころに、美術のの教科書にしっかり作品が載っていたりしたので、生前からすごい人だったというのはよ~くわかっているつもりなのですが、岡本敏子さんもおっしゃってるとおり、誤解も受けやすい人だったようで・・・。
太郎氏が生きていました頃は、件の「芸術はバクハツだ!!」のCMが頭にこびりついている私にとっては、日本を代表する美術家ではあるけれど、どうも胡散臭い人という印象が強かったりしました。
ところが、美術を勉強したり、外国に出たりしているうちに、太郎氏が、ホンモノを直視できる、ホンモノの偉大な美術家だと認識するようになりました。
私も歳をとった、と言うことでしょうか。(爆) 
中学のときは、何で「太陽の塔」がすごい芸術作品なのかわからなかったけれど、今ではその意味が、自分なりによ~くわかるようになりましたし。
と言う経緯から、太郎氏の作品を見て行くうちに、著書が気になるようになりまして、この本を手に取ったのです。

読んでみて、ますますスゴイ人だと感動しました。
わかりやすい言葉で、核心を突きまくり、伝統とか形式とかを一切切り捨てて、独自の視点でばさばさ斬って行く痛快さ。
50年前に書かれたものとは思えないほど斬新でもありました。影響力絶大です!! 
今読んで新しく感じることがあるということは、発表当時は、意識の大改革だったのではないかなーと思います。
これを読んだ当時の美術史家のお偉いさんたちは、憤慨&大反論した人もいたのではないかとも。そのくらいセンセーショナルだったのではないかと想像できるわけです。
太郎氏の著書の『今日の芸術』を読んで人生が変わっちゃった人がいた、と言うのもまんざらウソではないと頷いちゃうくらい読後の説得力がありました。

この人は、媒体が何であれ、ホンモノを見て表現できた人なんだなーとうらやましくも思います。

太郎氏にメロメロです☆
ほかの著書も読みたいな~。
page top
その後の盆栽。
だいぶ葉っぱが茂ってきました。

20070611180056.jpg


もうちょっと枝が横に広がってくれるといいなーと思う今日この頃です。
どんどん欲が出てきたかも。(爆) 
page top
ガーデニングの雑誌。
今まではネット検索で園芸関係を乗り切ってきましたが、知識欲(?)が出てきたのか、もっと一般的なことや、流行なんかも知りたかったりするので、初めて園芸雑誌に手を出しました。

一番スタンダードかなー、なんて思って、BBCで同名のテレビ番組にもなっているガーデナーズワールドマガジンを購入しました。
テレビシリーズは、ちょうど夫の見たい番組と重なるため、あまり観たことがなかったりしますが、結構地味な作りで、信用が置ける番組なんじゃないかなーと思います。
もっと地味なBBCラジオ4のガーデナーズクエスチョンタイムなる番組を聞いている私に言われたくないか。(爆) 
で、まぁ、そんなこんなで、雑誌にまで手を広げ、何をするんでしょうねぇ、私。

まずはほったらかしになっているハーブを何とかしないと、と言うところなんですが、ハーブ以外にもいろいろ育ててみたいし(でも時期を逃した感も無きにしも非ず)、借家の庭とはいえもう少しきれいにしたいなーなんて思ってます。
で、地元のコミュニティーカレッジでも、アダルトコースで一日ガーデニングのクラスなどあったりするので、参加しようかなーと・・・。
語学コースやめてガーデニングコース取るか? などと考えていたりもしなくもないです。(爆) 
と言う話はともかく・・・。

雑誌とはいえ、手抜きナシでいろいろなことが紹介されていて、庭デザインなどは、もうちょっと基本も教えてよ、と思わなくもないけれど、勉強になります。
これで付録なんてついてきちゃった日には、しかも付録が植物の種だったりしたら、もう一も二もなく速攻購入しちゃうだろうなーと・・・。
実際、今回はラベンダー全員プレゼントがあったりするわけで、切手代を払えば、タダ!! 魅力だわ。(爆)
これは、定期購読しろってことなんでしょうかねぇ。 
ちなみに、定期購読すると、ガーデン関係の割引もいろいろあるとか何とか。
購読しちゃったら、マーケティング戦略にまんまとひっかかってしまっているような気が、しなくもない、ような??? 
うーん、悩むところです。(笑) 
page top
やっぱり中途半端
今まで学習した言語は、何もかもが中途半端です。

大体にして、普段使っている英語から中途半端なのだから、もうどうしようもないとは思いますが、才能がない分、せめて努力くらいしろよ~と自分でツッコミ。
スミマセン、どう転んでも努力家ではないです。(爆) 
努力が出来なくて、才能がないクセに、欲張っていろいろな言語に手を出しちゃったりしているし。
・・・これは、はじめの一歩が面白いから、なんでも手を広げるけれど、根気がないから続かないと言う、ただの悪循環。(爆) 
ラテン語系をやれば、芋蔓式に覚えられるんじゃ? なんて希望を持ってラテン語からフランス語(超初級)スペイン語(超初級以前)イタリア語(一応中級、でもすっかり忘れた)、果てにラテン語(自己学習用教科書があるだけ)までがめつくやろうなんて思っちゃったりして。
もちろんすべてはもろく崩壊しました。(爆) 
しかし、それだけではないのですよ、私の語学遍歴は。
なんつーか、いろいろあって、オランダ語もかじってたりしています。しかし、すべて忘れて英語に併合されていますが。(汗) 
それ以外にも、北欧方面の言葉やスラブ方面の言葉も、超初級をすこーしだけやってみたり、韓国語やインドネシア語も旅行会話集を読んでみたりと・・・。
もちろん、すべてモノになっていません。それどころか記憶のカケラもありません。ダメすぎ~!!

と言う感じで、もう開き直って、中途半端言語学習者を名乗っています。
救いようがないと言うかなんと言うか。ただ単に・・・イタイ人? (爆) 

で、中途半端になったまま、一時休止していたイタリア語を再開しようかなーなどと、身の程知らずなことを考えたりしているのですよ。
地元のコミュニティーカレッジのアダルトコースで一応学んでいたので、そのコースをまた取ろうかなーなんて考えています。
自己学習でもいいのだけれど、私は一人でやっていける根性&自信がないので、ペースメーカーが必要かなーなんて。先生はまた、出来の悪い生徒が来たよ、とため息を漏らすのでしょう。(笑)
イタリア語だけは、何とかしたいなーと一応思っているので、しぶとく続けて行きたいと、とりあえず思っています。

しかし、イタリア語云々言う前に、英語・・・。
棚に上げとこうっと。(爆) 
page top
もうダメみたい・・・。
昨日は隣の枯れ葉ネコのことでヤキモキしていたので触れませんでしたが、実はまた、増やしちゃいました。

なにをって、観葉植物を。(爆) 

だってだって、ホームセンターに行ったら、安売りしていたのですもの。と言うのは、理由になりませんかねぇ。本末転倒とは、このことだよなーと言うことで、シンゴニウムとチビ赤アンスリウムとムサというバナナとほとんど枯れかけたカンパニュラを買ってしまいましたよ。
目的は別のところにあったはずなのに、ついついフラフラ~っと観葉植物の誘惑に負けてしまいました。
いや、目的のブツも一応手に入れたのだから、目的をまっとうしているはずではあるのだけれど・・・、なんなのだろう、この焦燥感は。(笑)




安売りされていたうちのひとつで、シンゴニウム。
サトイモ科に愛を感じます☆ 
page top
キノコの酸辛湯。
最近暑いので、キノコの酸辛湯を作っては、消費に励んでいます。作り置きしては、毎食食べているような生活を毎日続けています。(爆) 
よくもまぁ、飽きないものだと自分でも感心します。・・・。

暑さには、酸っぱいモノや辛いモノがいいのかなぁ? 
そういうものをやたらと食べたくなったりします。
あ、あと、意外にもコッテリ気味な中華系? 
今は、坦々麺食べたいな~などと思っていたりします。
作っちゃおうかな~。(爆) 
page top
隣のネコ。
家は借家なので、ペットは基本的に禁止です。
ケージに入れられるペットは、大家と相談して飼ってもオッケーかも知れないと、この家に引っ越す前に不動産屋が言っていましたが、ケージに入るペットは外に出さない=ノミがつかないと言う前提の下、オッケーかも知れないんだそうです。
ペットショップでノミを貰っていたらどうするんだか、と突っ込みたくなる気持ちも無きにしも非ずですが。(笑) 
ただ、私はネコが欲しい!! 夫もネコが欲しい!! なので、家の中におとなしくいてくれない=ノミを連れて歩く、よって飼えないという図式が成り立つわけです。

ところがラッキーなことに、我が家にはお隣さんのネコが遊びに来てくれます。
お隣さんじゃないネコも、通り道にしているので、かなりのネコ過密地帯。ただ、遊んでくれるネコちゃんたちは、お隣さんのネコ2匹のみです。
ほかの通り道にしているネコたちのそっけなさを考えると、遊びに来てくれるだけで感謝感激しなくちゃ、と言う感じですが。(笑) 

お隣のネコは、巨大な白黒ブチと、三毛猫です。三毛猫のほうには「枯れ葉ネコ」という名前がついています。
何で「枯れ葉ネコ」なのかと言うと、私が病気していた時期に、枯れ葉をプレゼントしに来てくれたことが数回あるからです。
何で枯れ葉がプレゼントだったのかは、今でも不明ですが・・・。もしかして、枯れ葉が獲物? お隣さん曰く、枯れ葉ネコはとんでもなく狩がヘタクソなのだそうで、枯葉を獲物と思っていても、おかしくないかも? なんだそうです。確かに、狩がお世辞にもお上手とは言えないようなネコだと言うのは、私も何度か家でその片鱗を見かけているので、否定はしませんが、それにしても何で枯れ葉? 

枯れ葉の話は置いときましょう。

この枯れ葉ネコ、実は数年前のある日、家にやってきたときに、怪我をしていました。ひょこひょこ足をビッコにして歩いているので何かと思ったら、足が腫れているし・・・。で、驚いてお隣さんに抱えて連れて行きました。
翌日獣医さんに行ったら、足を石膏で固めて、全治2~3ヶ月とのこと。
家の中に押し込められて難儀じゃのう、なーんて思っていたら、脱走して遊びにきてくれたりしたお茶目さんです。(爆) 

その枯れ葉ネコが、今日は別の足を引きずって我が家にやってきました。
久々に遊びに来てくれたのはうれしいが、何で怪我してるんだい!! 見るだに痛々しいので、前回同様抱えてお隣さんに行ったのですが、お留守。
しかも、枯れ葉ネコは抱かれるのが嫌いなので、ご機嫌斜めな様子。
・・・お天気がいいから、きっとピクニックにでも行ってるのでしょう。
ので、おとなしく退散。と言うか、お隣さんがいなかったら何も出来ないですよね。しかも今日は日曜日だから、獣医はお休みだろうし。・・・。
家に帰ってきてしばらく家でのんびりしていましたが、枯れ葉ネコは、多分お隣さんに帰ったのだと思うけれど、どこかに逃げちゃうし。(涙) 

今どこで何をしているのかわからない枯れ葉ネコを思うと、早く帰ってきてくれ~と叫びたかったりします。それ以外、残念ながら私には何も出来ませんし。
しかし、何で怪我するたびに、家にに来るかなぁ。
家に来て怪我発見じゃ、お隣さんから苦情が来そうですよ。とほほ。
page top
読書好きとか言っておきながら、
ぜーんぜん何にも、読書について書いていないですね。・・・。 
最近、実用書以外はほとんど読んでいないので、書きたくてもかけないのですよ。(涙) 
でも、今日は聖典について書きますよ!!

ボタニカル・ライフ―植物生活 ボタニカル・ライフ―植物生活
いとう せいこう (2004/02)
新潮社

この商品の詳細を見る


私は都会派ベランダーじゃないのだけれど、この本は聖典です。
のっけから、冒頭のベランダーとりあえず十の掟なるページを眺めて、私にぴったり!! と小躍りしました。
ハードボイルドに決めている割には、かなり面白可笑しく植物といとうさんの関係が描かれています。その雰囲気がほほえましいこと!! ハードボイルドじゃなくて、その心はお笑いですか? と問いただしたくなるほどです。
都会に住んでいるわけでもなければ、庭もあるけれど、心はベランダー♪ などと鼻歌を歌いながら、ずんずん読み進んで、アヤシく、うふふ、えへへ、やっぱいとうさん面白いよ、などと笑いながら、あっという間に読了。
本を閉じてまずは、吊り忍が欲しい、などと現実離れしたことを考えたりしたわけです。(爆) 

植物に興味のある人もそうでない人も、読んでみて損はない面白い本だと思います。
さすが、いとうさんだー、というのが感想でした。
ぜんぜん感想になっていないし・・・。(爆) 
page top
そしてまた盆栽
またしても盆栽報告です。

20070608153438.jpg


小さくて、葉っぱとも判別のつかなかったような芽が、何とか葉っぱの形になりつつあります。
このまま無事に、育ってくれ~と切望中。(笑) 
page top
ちょっとビックリだったヨガクラス。
昨日の夜も、ヨガって来ました☆ 
木曜日は、初心者も経験者も入り混じっているので、基本的には難しいとされるポーズを先生はやりたがらないのですが、昨日は勝手が違ったようです。
スタンディングポーズが結構厳しかったのに加え、エルボーバランスにヘッドスタンドがありました。(爆) 

このクラスで、マジにエルボーバランスやるんですか? と思ったら、経験者以外は逆さまに立ち上がらなくていいと言うお達しがありまして・・・。
でも私は名指しで「やれ」と言われてしまいましたよ。
とほほ。
しーかーもー、パートナーを組んでやると言うことになり、背の高い人たちの中で私がひとり余って、結局先生の補助で立ち上がらないといけないということに。
ズルできないじゃん、やれやれ。<おいおいおいおい。 

ヘッドスタンドも、経験者以外は立ち上がらなくていいということで落ち着きましたが、経験者も立ち上がらない人が多かったのですよ。
月曜日の経験者クラスでは、許されない狼藉だよな~と心の中で苦笑いしながらも、みんながんばろうよ~、などと人に勝手にエールを送ったりしました。(爆) 

私は逆さまが好きらしいので、エルボーバランスもハンドバランスもヘッドスタンドもショルダースタンドも、やれと言われれば、腰痛のない限りやりますが、逆さまが嫌いな人は、これらのポーズは非常に苦痛みたいですね。
ロープセッションのときに、逆さまになったとたんに「たーすーけーてー」とちょっとパニくったおばさんもいたので、嫌いな人には、本当に苦しいものなのかもしれないなーなど考えることもありまして、昨日は得ることも多かったです。

人って、本当にそれぞれですね~。
ヨガをやっていても、みんな個性が出て、楽しいです☆ 
page top
ハリネズミ物語
久しぶりに、ハリネズミに遭遇しました。
ここのところずーーーーーっと見かけなかったので、住処を移しちゃったのかなーとばかり思っていたけれど、まだ家にいたようです。
また姿を見かけて、うれしくなりました。と言うことで、今回はハリネズミのお話です。(笑) 

この家に引っ越してきて、はじめてハリネズミを庭で見かけました。そのときは、普通の民家の庭先に出るものなの? とかなり驚きました。
それまでは、ここも十分田舎だけれど、住宅街ではなくて、イワユル田舎のコテージの庭先に這っていると思っていたので、かなりカルチャーショックでした。
しかし、ここで暮らすうちに、同僚などから聞いた話や、実際に道端で交通事故にあっているハリネズミも2~3回見かけて、ハリネズミが住宅地に出るのも、この辺だとおかしくないのね~と納得(?)するようになりました。
しかし、まさか自分の家にいるとは思わなかったので、初めて見かけたときは、思いっきり感動しました。

あれは忘れもしない、何年前(忘れてるじゃん)の夏のこと。
明け方に雷鳴がとどろいて目を覚まし、雷雨になるのかなーなどと窓の外をチェックしたときに、庭を見たら、丸くてモゾモゾしたものが、芝生の上を這っているではありませんか。
見慣れない物体は、一体なんなんだ~? と思ったら、夫が、「ハリネズミだ!!」と叫びました。
丸くてモゾモゾしたものは、鳥のエサにと撒いておいたお残りのナンをモゾモゾと食べていました。
・・・ハリネズミって、ナンを食べるモンなんですか? と疑問に思うこと然り。しかし、食べてるんだから食べられるんだろうと勝手に納得。
ハリネズミが自分の家の庭に出現した珍しさに加え、ナンを食べる珍味をも持ち合わせているのかと、あまりの珍妙さに、しばし見とれたくらいです。
しかし、その後は遭遇することもなく、しかし芝生にはハリネズミの這った跡がしっかり残されていたので、家の住人のままなのだろうとぼんやりと思ったまま、日々は過ぎていきました。

次に遭遇したのは、晩秋の、もう少ししたら冬眠に入るのかな~と言う時期でした。
その日の夜は、インド料理のテイクアウェイ。お店から帰ってきて、部屋の電気をつけて、庭を見たら・・・。真っ暗だったけれど、アイビーの茂みに何か丸くてモゾモゾとしたうごめくものを発見。
目を凝らすと・・・ハリネズミでした。
またナン絡みです。このハリネズミは、インド料理が好きなんだろうか? と疑ったくらい。(爆)

しかし、このあとは、ハリネズミを見かけることもなく、日々は過ぎて行き、ハリネズミの這った跡も見かけることもなくなりまして、とうとう移住しちゃったのかなーと思った矢先に・・・。
隣のおばさんと、長話をしていたときに、突然。
「そういえば、昨日の夕方4時くらいに、ネコが窓の外をじっと見ているから何かと思ってみたら、ハリネズミが庭を歩いていたのよ!!」
・・・夕方4時ですか? それは、夜行性動物とは思えない早起きですな。
しかし、まだ近所にいるらしい!! 
姿は見かけなくても、まだいるならうれしい!! 
お隣に移住していても一向に構わないわ~、と喜んでいたら・・・。

昨日の夜9時過ぎに、見かけましたよ!! 
思いっきり家の庭を這っていました。
しかも、鳥のエサにと撒いておいた、ライスポップをもそもそと食していた模様。(爆) 
証拠写真を撮ろうとカメラを用意していたら、茂みに逃げ隠れてしまいました。
のそのそしているくせに、以外に俊敏に動くらしい。
いつか、いつかカメラに収めるわ~、と心に固く誓ったのでした。

ところで、ペットショップに、ハリネズミのエサというものがあります。それくらい庭にハリネズミが出没するってことなんでしょうか? 
ともかく、ラジオで聞いたところによると、ハリネズミに炭水化物(?)を与えるのはよろしくないようで、ナンを食べていても、ナンを与えてはいけないのだとか。
何を与えればいいのかといったら、キャットフードなんだそうで・・・。キャットフードを買っちゃうと、不動産屋(ペットは基本的に禁止)もお隣さん(のネコ)も誤解するだろう、と控えていたところ、ペットショップで件のハリネズミのエサを見かけました。内容物を見ると、どうも、キャットフードみたいなものが入っているらしいです。
名前よりも内容物なんだろうけれど、名前も必要な場合もあるわよね~。
ちなみに、だいぶ前にこのエサを所望し、ハリネズミの餌付けをしていたときに、隣のネコがハリネズミのエサを食べているところを目撃したこともあります。(爆) 
名前は何であれ、ネコの餌付けになるのだろうか? 
悩むところです。・・・。
page top
盆栽の
枯れた枝から、小さな葉が芽生え始めました☆ 
この写真で見えるかしら? 

20070606175521.jpg


再生しつつあるようで、うれしいです!! 
page top
やっと、
生垣刈りがひと段落しました。もう当分やらないぞ、と心に固く誓ったりなんかしましたよ。
ええ、それほど重労働でした。
本当に、手がガクガクです。
日ごろの運動不足でしょうが、と言う突っ込みはしないでくださいな☆ 

さてさて、庭にウツギ2種あるのですが、これを観葉に家の中で育てられないかなーなんてことを考えたりしています。
とりあえず挿し木してみて、育ちそうだったら、といい加減にはじめても何とかなるかしら? 
庭にある植物で、とりあえず挿し木しているのモノに、アイビーとツルニチニチソウがあります。
ツルモノだし、寄せ植えにしたらかわいいだろうなーと思って実践していますが、低木とはいえ、庭木を家の中に持ってくる必要性は、果たしてあるのだろうか? なーんて考えたりしちゃいます。
庭に2種類隣りあわせでいるほうが、なんとなく見栄えがいいような気がするなぁ、と言うことで、やめようっと。
一人で問題定義して、勝手に完結してしまいました。(爆) 

ハンギングバスケットもやってみたいな~と思えど、これも自己完結方面に行ってしまうかもしれませんです。
page top
手がガクガクです
と言うことで、生垣刈りの続きをしました。2/3まで進みましたが、手がガクガクしています。(爆) 
・・・電動生垣刈り機を買おう!! と切実に実感しています。
page top
今日は今日とて
生垣を刈りました。
とはいえ、手動ハサミでやってるのと雨が降りそうな空模様なので、1/3くらいしか出来ませんでした。生垣メンテナンスは、当分続きそうです。ライフワークになるかも? 
シザーハンズを気取って、カッコイイ生垣にしたいなーと思ったけれど、こんなに重労働だったとは!! と言うことで、ファンキーな生垣になるのは、当分先だと思います。と言うか、やる気かい!! (爆) 
page top
ポトス。
先週末に、あれだけ散財したにもかかわらず、また懲りずにガーデンセンターに行ってきました。
目的のブツを入手していないからです。
これがなくては、夏は越せないのです!! 
だったら早く買え!! と言うことで、買ってきました、植木バサミ。名称が植木バサミというのかどうか知らないけれど、イワユル生垣を切るハサミです。

家のご近所さんで生垣のある家は、ほとんどと言っていいけれど、植木用電動ノコギリで生垣を刈っています。家も、去年までは夫の実家にいった際に借りてきては刈る、と言うことをしていたのだけれど、今年は夫の腰が重たいのか、実家に帰るのがめんどくさいらしく、電動ノコギリか植木バサミを買おう、と言う向きになりました。
でもって、些細なことにウルサイ夫は、イワユル電動ノコギリが気に入らないらしい。カタログ眺めては、グチグチ文句を言ってるし。
だったらいっそのこと植木バサミでいいじゃ~ん、と私が勝手に決めました。
ところが、その植木バサミを買うにも時間がかかって、昨日やっと購入したわけです。 

その植木バサミを買いにガーデンセンターに行ったはずなのですが、気がつくとあ~ら不思議、私、多肉植物とポトスの苗マーブルクイーンとライムを手にしていました。(爆) あ、あと、室内用植木鉢。(笑) 

今日、増えたザンテデスキアを株分けするのと共に、植え替えをしましたが、鉢を開けてびっくり、こんなに簡単にポトスって増えるんだ~と言う仕掛けが隠されていました。
私が知らなかっただけかしら? 
なんと、フラワーアレンジメントのオアシスにポトスの葉っぱを何枚か突き刺して株を作って、根付くまで育成して売りに出す、と。結構あこぎな商売だなぁ。(笑) 
ザンテデスキアも、そうやって増やしたような形跡があったし、サトイモ科系の植物は、こうやって簡単に増やせるのだろうか? つまり、私でも、そこら辺で葉っぱを貰ってくれば、株を作れるわけね。フムフム、な~るほどと言うわけで、葉っぱの多い植物で、そのうち実験しだすと思います。(爆) 
うまく行くかどうかは、植物のみぞ知る、と言うところでしょうか。

あ、挿し木したアイビーとカランコエは、葉っぱはまだ小さいけれど、今のところ順調に成長しています。
カランコエはクローンコエになるかしら?(笑) 

20070603151600.jpg


チビポトスと花なし小さい株のザンテデスキア。
© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。