イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
脳内古寺巡礼。(爆) 
まだまだ続いています、脳内古寺巡礼。(爆) 
和辻氏の記述をもとに、勝手にイメージを構築しとります。その合間に、『見物記』を読んでは笑い転げると言う・・・。
図版の仏像ともにらめっこしています。ホンモノがみたいなぁ。

日本の仏像に限らなければ、大英博物館に仏像及び仏頭があるので、それを見に行こうかなぁ、などとも考えています。
インドやパキスタン、それに中国あたりの仏像だったら、元宗主国だったわけから、いろいろ持っていそうだし。ガンダーラやマトゥラーの仏像だったら、いいのがざくざくありそうだなぁ、なんて考えるのは、虫が良すぎですか? (笑) 
事実、大英博物館には、大きすぎて持ってこられなかったと思われる石仏の頭だけがあったりするし。・・・をみるのが辛くて、大英博物館にはあまり行かないのですけれど。<ただ単に遠いだけと言う話も。(爆) 
みうらさんじゃないけれど、本気で、仏像の首切っちゃダメでしょう、と思います。数年前にタリバンがバーミヤンの巨大石仏を破壊する前に、メトロポリタン美術館や大英博物館などが、買い取るから破壊をやめろ~なんていうニュースがありましたが、もしもし、100年位前は、キミたちも切り取って強奪してきたでしょう・・・。そういう過去があるから、今は文化財保護精神が旺盛なのかもしれないですけれど。
私は参拝するわけじゃなくてただの見仏(そして見仏は、多分に西洋人的仏像鑑賞法だと思う)だけれど、仏像を芸術品と考えるならば、全体があっての顔なわけで、人為的に部分だけ切り取ってもってきても、意味なしだと思います。しかも、首を切るという行為は、信仰も拒否しているわけですよね。宝物を目の前にして、気でも狂ったか? 仏像のあまりの美しさに、傍若無人にしか振舞えなかったか? などと思ったり。
付け加えておくと、こっちの人って、頭だけと言うことに、あまり違和感を感じないようです。そういえば、宗教画には、天使の顔から直接羽根が生えて飛び回っている絵がありますよね。ああいうものをみるのと同じ感覚なのでしょうか。

とりあえず、大英博物館行きは、今のところ検討中です。そんなに仏頭をみたくないのか、私。(汗) 
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。