イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
これはなんと言っていいのやら・・・
青池保子さんの『エロイカより愛をこめて』は私の大好きな漫画のひとつです。
新刊が出れば、もちろん取り寄せて読んでます。

しかし、友達から存在を教わったこの本は・・・。

エロイカぬりえ エロイカぬりえ
青池保子 (2007/09/20)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

もちろん欲しいです!! (爆) 
しかし、ぬりえを一度しちゃうと、また遊べないじゃないか!! いろいろ違う色でぬりたいぞ~と、見当違いもはなはだしいところに飛んで行っちゃったりしています。
中身は、ぬりえのし甲斐のある絵が目白押しだし、これはやはり・・・。

ところで、ずっと中断していた『アルカサル-王城-』の最終巻を読みました。

アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス) アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス)
青池 保子 (2007/09/14)
秋田書店
この商品の詳細を見る

史実とはいえ、切ない話だなぁ、と。
だから大河ドラマはあまり好きじゃない、といってしまえばそれで終わってしまうけれど、歴史を見る目と大河ドラマを見る目って、やっぱり違うよな~、いきなり血の通った人間になっちゃうモンな~、って歴史を作ってきた人間は皆個人個人の大河ドラマの中で生きていたわけだけれど、どうしても歴史の中でだと、個人の個性よりも歴史の一部としてみてしまうので、人間臭さがない=死を身近なものに感じさせないわけで、理性や知識で理解するわけですよね。大河ドラマになっちゃうと、本当はそうでなくちゃいけないのだろうけれど、死が身近に感じられて、時代を越えて生々しいキャラクターが身近に感じられるのです。
そうすると、私なんかは、嗚呼~なんつって、ドラマを見ながら、マンガ読みながら涙しちゃったりするわけで・・・。悲しくなっちゃうから大河ドラマが好きじゃないっちゅーのも、どうかと思いますが、そーゆー人間です、私。(爆) 

とか言っておきながら、最近大河ドラマ(マンガ)の『SWAN-白鳥-』を一気読みしました。

SWAN白鳥の祈り (1) (秋田文庫) SWAN白鳥の祈り (1) (秋田文庫)
有吉 京子 (1997/01)
秋田書店
この商品の詳細を見る

そのうち、気が向いたら感想など書き出すかもしれません。(爆) 
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

うふふ(笑)
実際のぬり絵用と・・・保管用?と2冊買ってしまえばよいのです(爆)
そうすれば悩む必要はありませんよー(笑)
エロイカ・・・とスワンはタイトルは聞いたことがあるので、有名な作品なんだと思うのですが、残念ながら、未読でございます(汗)「文庫」になっているということは・・・かな~り面白いんだろうな!
あ・・・もしかして、スワンって、バレエ漫画?かな?(違ってたらごめんなさい)
バレエ漫画なら・・・ちと古いですが、「アラベスク」が大好きです!
・・・それと・・・すみません!ちょっと関係ない話ですが(汗)
ハスカップキャラメル・・・先日食べましたよー^^
甘酸っぱくて、おいしかったです!
「恋人の味」がいたしました、ハイ(爆)
またね~^^
千鶴 | URL | 2007/11/04/Sun 08:50 [EDIT]
千鶴さんへ、

あ、そうですね、二冊買ってしまえばいいわけですね!! な~るほど、悩まなくてすむわ☆ (爆) 
ありがたいお知恵をちょうだいしました!! 

そうです、『SWAN』はバレエマンガです。最近では『SWAN MAGAZINE』なる雑誌が発行されて、そこで第二世代のマンガも連載されてるって話です。
そして、私も『アラベスク』大大大好きです!! 山岸さんもバレエマンガの『テレプシコーラ』を連載していたし、またまたバレエブーム(?)みたいですね。

ハスカップキャラメル、美味しかったのですね? 甘酸っぱい「恋人の味」なんて、「白い恋人」といい、気が利いてますねぇ、北海道。(笑) 
しいこ | URL | 2007/11/04/Sun 14:12 [EDIT]
今・・・ふたたび・・・コメント欄を読みに来たら・・・(きゃっ、しつこい?(汗))
うわ~~~アラベスク!お好きなんですね!
あれは、いいですよね~~~。
第1部も2部も、読み応えがあって、泣けるところもあるし・・・。
なんといっても物語の舞台は今は無き「ソビエト連邦」ですもんねー。
あああ~ん、また読みたくなっちゃいました。
・・・それにしても、バレエブームなのですか!
こういう、ある意味スポ根?系マンガはハマりますよね(爆)
またね~~~^^
千鶴 | URL | 2007/11/04/Sun 14:58 [EDIT]
千鶴さんへ、

ハイ~、『アラベスク』は何度読み返したか分からないくらい好きです☆ もう、ミロノフ先生にゾッコンで、ミロノフフェロモンにやられてます。ハイ、おバカになってます。(爆) 
でも、ミロノフ先生だけでなく、ほかのキャラクターもみんな個性的で好きなんですよね。こういうマンガって、結構珍しいと思います。ノンナなんて、ほかのマンガだったらうっとおしいウジウジ系の主人公(オイ)なのに、『アラベスク』だとカワイイし。
あと、『アラベスク』の好きなところは、バレエ一色じゃないところなんです。ノンナとラーラやマイヤやマチュー、カリンとの関係の心理描写ももちろんだけれど、エーディクの亡命にその後のミロノフ先生の謹慎処分まで、重たいことまできちんと描いちゃって、すばらしいなーと。
さぁさ、千鶴さんもまた読み返しましょう♪ 

今は無き「ソビエト連邦」は、『エロイカより愛をこめて』の前半19冊・・・。そういう時代なんですね、ってどういう時代だ?! (爆) 
しいこ | URL | 2007/11/05/Mon 15:35 [EDIT]
おお~塗り絵とは、ファンならたまらないブツですね。アマゾンでちょっと中を見ましたが、、当然ながら作者のように塗るのはまず無理っぽいなと思ってみたり(笑)。ここはやはり上のコメントにもあったように、2冊ご購入して、1冊目は気張らず自由に楽しんでみるというのはいかがでしょう?

エロイカ、また読み返したくなってきました。手元にないのが悲しい…。
CpDem | URL | 2007/11/06/Tue 09:43 [EDIT]
CpDemさんへ、

ぬりえはファン必須アイテムですよね? どうです、ご一緒に購入しませんこと? (笑) 暇なクリスマスにぬってぬってぬりまくるのも楽しそうですよね。と考えるのは、私だけ?

あ、手元に無いのだったら、エロイカ合宿します? 
34冊あるので、合宿は何日続くのだろう、という長さになっちゃうかもしれませんが・・・。あ、ほかのマンガも読みます? (爆) 
しいこ | URL | 2007/11/06/Tue 14:19 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。