イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ルネサンスな日々
更新が滞っていたりしていたのは、

ルネサンスの華―イザベッラ・デステの愛と生涯 (上) ルネサンスの華―イザベッラ・デステの愛と生涯 (上)
飯田 煕男、マリーア・ベロンチ 他 (2007/10)
悠書館
この商品の詳細を見る

を読んでいたからなのでした。
言い訳です、ハイ。(爆) 

マリア・ベロンチ女史による、イザベラ・デステ生涯を描いた小説です。
女史の最後の作品だそうで、最後にイザベラを書くと言うのが、なんとも言えず感動的というかなんと言うか。

イザベラ・デステは、ルネサンスのプリマドンナ、チェーザレ・ボルジアも認める外交手腕を発揮した女傑です。弟フェラーラ公からも政治的助言を求められたりしたりなんかしちゃったりして、頼りがいのあるおねーさまだったようです。ただ、そのデキる存在が、ムスコのマントヴァ候(公)にはうざったかったようで、息子に疎遠にされちゃったりとかあったみたいです。ムスコのマザコンの裏返し!? 

カッコイイよイザベラさま!! と今までも思っていましたが、この小説を読んで、やっぱりカッコイイ人だったんだな~と改めて思いました。セコイところもあるけれど、そこがまた人間的でステキ☆ 
あ、でも、小説だから、事実とはちょっと違うところが結構あったけれど。<オイ。
でも、こういうお話を書くと言うのは、ものすごくエネルギーが要るのだろうなぁ。ベロンチ女史が、最後までイザベラをとっておいた気持ちがわかる気がします。


あ、あとコレも・・・、今まだ読んでいる途中ですが・・・。

The Cardinal's Hat The Cardinal's Hat
Mary Hollingsworth (2005/04/28)
Profile Books Ltd
この商品の詳細を見る

イザベラ・デステの甥っ子くんの、イッポリート2世・デステ枢機卿の帳簿から読み解く、ルネサンス時代の上流階級の生活の本です。
あまり笑えるような本ではないハズなのですが、どうも、大爆笑することが多々ありまして・・・。この人、かなり天然入ってるかも? なーんて感じです。

イッポリート2世は、フェラーラ公アルフォンソ・デステとルクレツィア・ボルジアのあいだに生まれた次男坊なんですが、おかーさまの血が、かーなーりー濃く出ているようで、オサレダイスキ、ぱーちーダイスキ、聖職ってなんですか? って感じです。(爆) あれ、でも、ルクレツィアは晩年、お祈りしてばかりいたのでは??? <つっこんでるし。
それでも、枢機卿になるのに必死だったりするようだし・・・。この辺は、当時のフェラーラと法王庁の関係がいろいろこんがらがってたりするので、一筋縄ではいかないようです。

残り1/3を切ってしまって、どうなることやらハラハラドキドキしています。<そういう本でもないけれど。(爆) 
残りを楽しく大笑いしながら楽しみたいと思います。・・・なにか、ズレてます!? 

あ、このイッポリート・デステが、ローマ郊外のティヴォリにある、恐怖の噴水館ヴィラ・デステの主です。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

「モナリザ」のモデル???といわれたヒトだというのを、確か書評で読んだ気がしましたが違ったかな???(爆)・・・ていうか、そこしか覚えてなかったのですわ(笑)
あらためて、しいこさんの記事を読むと・・・なんだか面白そうな本ですね^^
でも・・・
遠い昔に習った世界史の記憶も掘り起こさないと読めない本なのかしら(爆・汗)
わたし的には、伝記っぽい?お話って結構好きなので、書店でチェックしてみますわ~。
またね~^^

千鶴 | URL | 2007/12/17/Mon 14:03 [EDIT]
千鶴さんへ
イザベラ・デステが『モナリザ』のモデルの可能性があるとは、よく言われていますが、実際はあの微笑とともに、レオナルド先生しかモデルが誰なのか分からないと。すばらしいナゾを残してくれたレオナルド先生に乾杯☆ <意味不明。

ところで、この小説ですが、世界史を思い出さなくても楽しく読めると思いますよ。大河ドラマだし♪ 
しいこ | URL | 2007/12/17/Mon 20:28 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2009/06/29/Mon 12:39 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。