イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
食は文化なり。
先日、アマゾンセールにて、この本↓を買いました。

Delizia! Delizia!
John Dickie (2007/08/09)
Sceptre
この商品の詳細を見る


年末に読んだイザベラ・デステの小説とイッポリート・デステの本のおかげで、心はどっぷりルネサンスに浸っております(爆)。
そして、イッポリート・デステの本に、ルネサンス時代の毎日の食事や宴会の模様がちょこっと出てきたりします。それが結構興味深くて、もっと知りたいなーと思っていたところだったりしたのです。
ハイ、食い意地はってます。
近所にそれなりの図書館があれば、閲覧してお仕舞いにするけれど、田舎の図書館にそこまで期待するのも・・・、ほかの図書館から本を取り寄せてくれるサービスもあるけれど、それだってどうなることやら・・・、何しろ一年待ってもやってこなかったりするというような状態なので(笑)。
だから、本を見つけたらソッコウ購入。本棚膨張、入りきらずに本棚周辺に積んどく状態に・・・。よって、夫による書籍購入禁止令発令中(爆)。

ということはともかく・・・。
もーしかしたら、ルネサンスの宴会のことが載ってるんじゃないかなー、その宴会は、かの高名なるクリストフォロ・メッシスブーゴ伯爵の宴会かもしれないなーと、載ってなくてもセールだ、ということで賭けに出ました(笑)。
メッシスブーゴの記事がなくても、ルネサンスを代表するシェフのバルトロメオ・スキャッピは載っているだろう、と。

ついでながら、メッシスブーゴとスキャッピは、ここのEarly modern eraのところにちょこっと載っています。スキャッピはココにも。

結果として、お二方ともこの本の中に居りました。
中世から現代までの流れの中で、ちゃーんと一人一章ずつ二章割かれているのには嬉しかったです。
ついでながら、最終章はスローフードの話で締めくくっています。

宴会の進み方から、メニューの詳細+解説まで載っているし、しかも歴史背景もちゃんと語られていて、私としては一応満足☆ 
もっと読みたかったら、イタリア語やって、巨人お二方自身の著書を解読しろってことね・・・。

ところで、メニューなんですが・・・。
美味しそうなものも結構ある中、かーなーりーゲテモノ系デス。
トリ肉のブラマンジュで覆ってフライにしたモノに砂糖をまぶしたり、ウナギのローストに砂糖とシナモンをまぶすって・・・、ちょっと想像つかないんですけれど(汗)。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

読書
たまにすると楽しいよね。←私がたまになだけだけど。笑

それにしても本の取り寄せに1年も掛かるなんて凄いね。
待ちくたびれて忘れちゃうかも。
でも忘れた時に届いたらちょっとしたプレゼント的感覚で嬉しいかも♪
無理矢理ポジティブに考えてみた。笑

そうそう。リンク貼っておくね*
風砂 | URL | 2008/01/14/Mon 10:10 [EDIT]
No title
まずは・・・「ルネッサンスの華」から読破しないといけないですね(笑)
でも、わたしの場合、この洋書はさすがに読めませんが・・・おほほ(笑)
それにしても・・・しいこさんと同様に、わたしも小説の中に出てくる食事や食べ物等・・・こういうところって気になるほうです。^^
やはり・・・想像を掻き立てられるからなんでしょうかね^^
あ・・・
わたしの部屋の本棚も・・・とっくにあふれちゃってます(汗)
でも・・・
図書館で借りるのってあんまり好きじゃないし、
好きな本は手元にないと寂しいのです(笑)この性癖?を何とかしたいです。・・・やれやれ(汗)
またね~^^
千鶴 | URL | 2008/01/14/Mon 13:38 [EDIT]
風砂さんへ
読書はホント、楽しいですね~。
最近は、ハリちゃんの活動がほぼない状態なので、夜長にページをめくることしばしばです。こっちには面白いテレビ番組が少ないのも原因かも!? 

図書館で本を取り寄せるよりも、本屋で本を取り寄せたほうが断然早いというのも、何か問題があるような・・・(笑)。
風砂さん的考えで、忘れたころにプレゼント~と思えば、楽しい、かな? その本がボロボロで書き込みなんかもしてあったりしたら、殴るぞって感じかもしれないけれど。ポジティブを通り越して、凶暴になってるし(爆)。

リンク、ありがとうございます~☆ 
しいこ | URL | 2008/01/14/Mon 16:57 [EDIT]
千鶴さんへ
千鶴さん、『ルネサンスの華』行きますか? 史実のイザベラ・デステは宴会ダイスキだったはずなのだけれど、宴会シーンはこの小説には出てこないような・・・(爆)。
小説の中で食べ物の話が出てくると、俄然興奮しますよね、という私は食い意地張りすぎかしら? 池波正太郎の小説を読んでいると、ご飯ばかりが頭の中をぐるぐる~食べたいなぁ~って(笑)。美味しそうな表現に出会うと、もうやめられない止まらないデス。

千鶴さんの本棚も溢れていますか!! 同志を発見した気分でうれしいです!! 
私も、好きな本は手元に置いておきたい派なので、本は増える一方ですよ・・・図書室が欲しいなぁ。<オイ。
しいこ | URL | 2008/01/14/Mon 17:09 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。