イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今どの辺にいるかというと・・・
お久しぶりです。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 私は・・・前回のジョシュア・ベル&タランチュラ音楽のあと、あっちゃこっちゃ寄り道をした挙句に、現在は『ウエストサイド物語』に行き着いております。
どうして古典ミュージカル音楽なの? と思った方、いらっしゃるかしら(笑)? 

ジョシュに狂ってCDアマゾンなどでチェックをしていたら、なんと、私のダイスキだったレナード・バーンスタイン氏の『ウエストサイド物語』も録音していたりしたんですね~。
友人のお友達がジョシュのコンサートに行って『ウエストサイド物語』を聴いたと言うお話をブログで拝見したことはあったのですが、CDも出しているとは知らなかったです。てか、コンサートで演奏するくらいだから、CD出しているだろうと予測すべきなのだろうけれど・・・。

と言うことはともかく、あの有名なミュージカルのCDなら、もちろん持っていますとも!! ジョシュのヴァイオリンじゃないけれどね☆ 
でもって、ホセ・カレーラスキリ・テ・カナワがトニーとマリアを演じるバーンスタイン自作自演オペラ版の『ウエストサイド物語』でも抜粋なので全曲は入っていませんと言うものもあります。
で、聴きだしたら止まらなくなった、と・・・相変わらずなルートを辿っております(爆)。
オペラ版は、カレーラスもカナワもすばらしい歌い手さんだけれど、ミュージカルに慣れ親しんでしまったので、改めてオペラ~リリカ~なウエストサイドを聴くと、かーなーりー意表をつくと言うか、新鮮と言うか、笑えると言うか・・・、オイオイななことを言ってしまってスミマセン(爆)。どこかでこの舞台の写真も見た記憶があるのですが、カレーラスもカナワもすばらしかったデス、いろんな意味で(汗)。

実をいうと、ミュージカルや演劇やオペラと言うものがニガテでして・・・、舞台だけでなく映画や二時間ドラマも不得意だったりします。見るところ聴くところ聞くところが多すぎて集中できない単純人間だったりします。集中できる作品は逆に、とんでもなく好きになってしまったり・・・。
と言う作品の一つが、『ウエストサイド物語』だったりするのですが、はじめて見た当時よりも、いろいろモノがわかってきた今だからこそ、実にスンバラシくゴーカな作品だったのだと感動したりします。振り付けがジェローム・ロビンズだったりするんですよね。踊りの分からない私でも、映画を見ていてカッコい~と思います。
で、ちょっと前にこっちのテレビで、Howard Goodallと言う作曲家がバーンスタインの音楽解剖(?)解説した番組があったのですが、ハワードおぢさん(オイ)はどうもバーンスタイン心棒者なようで、ウエストサイドだけでなく、ほかに作曲したクラシック音楽までベタ褒めの嵐でした!! ココはジャズでどうこう、ココは民俗音楽の要素を取り入れている云々、わかりやすく解説が目的の番組なのに余計にややこしくしていませんか~~~? 気持ちはわかるんだが・・・、いや、みなまで言うのはよそう(爆)。
私ハワードおぢさん好きだし、彼が作曲を担当したコメディブラックアダーもダイスキだし。

さぁて、今夜もこれから、マリ~ア~~~♪と歌いましょうかねぇ。<大迷惑(笑)。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

No title
あはは!(笑)
ウエストサイド物語、映画のほうは一度、高校生のとき・・・なぜか観たことあります。懐かしい!(笑)
ジョージ・チャキリスがとても印象的でした。
あの映画で、まず思い出す音楽は・・・「トゥナイト」かなあ。鼻歌程度ですが、あのメロディを今でも覚えてます。
あ・・・そうそう!指を鳴らす振り付けのダンス、あれを見てめちゃ練習しましたっけ(爆)

で・・・お次は、いずこの音楽へ???(爆)・・・なんつーかもう、しいこさんの行く末?が楽しみでもあります。ハイ。^^

またね~^^
千鶴 | URL | 2008/02/09/Sat 13:22 [EDIT]
ウエストサイド
懐かしいですね。
昔、歌を習っていた時、この中からよく課題が出ました。
集中できるということは、作品としいこさんの相性がいいんでしょうね☆
ちなみに私もCD持っていますよ~。
靖子 | URL | 2008/02/09/Sat 13:55 [EDIT]
千鶴さんへ
千鶴さんもご覧になっていらしたのですね!! ジョージ・チャキリスがすんなり出てくるって、とってもお詳しいのではないですか? 「トゥナイト」が鼻歌で出てくるなんて、スバラシイですよ!!  指パッチン(オイオイ)なダンスも練習なさったなんて、千鶴さんは通ですよ~!! 
私、踊れないからダンスの練習をしようなんてハナから思いませんもの(爆)。
でも、踊りオンチでもわかるくらいすごくカッコイイ迫力ダンスですよね~。あんなふうにカッコよく踊れたら、楽しいだろうな~と・・・。
歌は踊りよりはましだと個人的に思うので、今夜もラララ~♪と大迷惑をかましますわ(爆)。さぁて、今日は一人二役で「トゥナイト」かしら・・・。あ、千鶴さん、逃げないでぇ~(汗)。

次は、何処へ・・・。本人にも予想がつかないですし(爆)。
しいこ | URL | 2008/02/09/Sat 23:57 [EDIT]
靖子さんへ
お歌のクラスでも課題で出るんですか? 
くだん↑の作曲家ハワード・グッダル氏の解説で、変調が多いし拍子がとりにくかったりする箇所も多々あるなどと言っていたので、練習し甲斐、歌い甲斐があるのだろうな~と。
何よりも歌っていて楽しくなる楽曲ですよね。と、シロウトがエラソウに言ってますが(爆)。

靖子さんもご一緒に、CD聴きませんか~? と、仲間に引き入れようとしているし。<悪かしら(笑)?
しいこ | URL | 2008/02/10/Sun 00:04 [EDIT]
No title
tonightは最後の方の高音にてこずりました。
高い音を出すには勢いのある息が必要なのですが、勢い任せにしてしまうとあの「おやすみ」という感じの柔らかい音が出ないんですよ。
ラブソングなので、高音で苦しんで血管が切れそうな顔もNGですし(笑)

オペラ版のCD,聴いてみたいです♪
靖子 | URL | 2008/02/10/Sun 13:31 [EDIT]
靖子さんへ
やっぱり歌うのにテクニックがいるんですね、トゥナイト。
ミュージカルCDを聴いていると、確かにおやすみ感がよく出ているなーと思います。
オペラのほうが・・・カレーラス氏はそんなに感じないけれど、キリ・テ・カナワ女史は、聴いていて興奮して眠れなくなっちゃうんじゃないかなーと思ったりしますよ(爆)。発声法が違うから仕方ないのでしょうけれど、血管浮き出ているんじゃないかとやっぱり想像しちゃいます。
オペラ版も別の意味で楽しい(オイ)から、機会があったら是非とも聴いてみてくださいませ~☆ 
しいこ | URL | 2008/02/10/Sun 23:23 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。