イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
どれだけの人が、
本棚をひっくり返してルネサンス関連の書籍を掘り返しています。

なんでルネサンスなのか、と言うことは、まぁ、おいおい書き綴るとして(をい)、むかーしむかし、まだ私が田舎に引っ込む前、ロンドンにいたころに、ナショナルギャラリーの売店にてこーんなジャーナルを見つけました。
そのとき発売になっていた号には特に興味のある記事はなかったけれど、そのときにはすでに、田舎に引っ越すことが決定していたので、とりあえず~ゲットしときましょ~と購入。以降、まだインターネットのサイトもなかったような時代だったので放置していました。
ところが先日、ふとしたことからジャーナルのサイトを発見。すみずみチェックしました。欲しいジャーナルの番号も控えました。勢い込んで近所の本屋さんに行って、取り寄せができるかチェックしました。ちょっと無理かなーといわれましたけれど。普通の街の本屋さんでは取り扱わないようなジャーナルなんでしょう(爆)。
ともかく、ジャーナルのサイトには、個人で取り寄せ可能と言うようなことが書いてあったので、まいっか、なーんて。ネットって便利ね~。

ふと思ったこと。この手の、学術機関向けのジャーナルって、個人でどのくらいの人が購読しているのでしょう? ○○メンバーはいくら、××メンバーはいくらと定期購読の値段が記されているのですが、好事家の個人のための定期購読の値段設定がないような・・・。
まずはソサエティーに入ってから買ってくださいってことなんでしょうか? それがいやなら専門の図書館に行けと? 
ただの人の取り締まりでもしているのでしょうか? よくわからんが、あんまりいじめると、オックスフォードに乗り込むぞ!! とちょっとだけ強がってみました。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。