イギリス南部在住です。 心の赴くままに、書きたいことを書き連ねています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
そういえば、
テロとか大雨とか、いろいろニュースが流れています。
大丈夫か、この国!! と思わなくもないです。あ、でも、いつも、こんなんで大丈夫か? と思ってるので、いまさらどうこう言うほどのことでもないかもしれないけれど、でも被害が大きくなるにつれて、やっぱり心配になったりするんですよね。特に洪水は。 
大雨は、被害者の方々は、本当に、1週間も家に帰れないで、いまだに水没しているところが多いとのことなので、一日も早い復旧を祈るばかりなのです。

が、テロとなると・・・、なんだか、脱力感が。(爆) 
なんなのだろう、このやるせない気だるさは、と言うくらい歯切れが悪いと言うかなんと言うか。
セントラルロンドンもグラスゴー空港も、私にとっては馴染み深い場所だったりするので、人事のような感じはしないはずなのだけれど、何か、もやもやとした霧のようなものがかかってしまっている気分です。
現実的じゃない、と言うわけではなくて、何か、わけのわからない意思が勝手に動いていると言う感じで、理解の範疇を完全に超えてしまっているがゆえに、わけわからん~と言う感じでしょうかねぇ。
なんか書いていて、自分でもよくわからないです。(爆) 
だからと言って、「理解できない」から、ほっとくと言うのも、自分に何が出来るわけでもないけれど、何か違うような気がするし。
力や暴力でやりあうのじゃなくて、もっとうまく体制側もテロリスト側も納得できるような方法はないのかなーなどと思ったりもするのだけれど、こういうことを書くと、理想論者とか言われちゃうのかしら? 
テロはテロなんだから、理屈も減ったくれもない、と言われればそれまでだし。
譲れない部分があると言うのはよくわかるのですが、はじめからすべてを拒絶するよりも、ある程度歩み寄ることも必要だと思うのだけれどなぁ。
力で解決って、思想的にどこかで無理が出ると思うんですよね。平行線をたどったままなんだから・・・。
う~ん、だから政治は難しい。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

No title
テロリズムは難しい問題ですよね。そもそも定義がはっきりしない。ネルソン・マンデラは今でこそノーベル平和賞を受賞た活動家ですが、反アパルトヘイトを掲げていた時には国家からテロリスト呼ばわりされていたし。昨今の無差別攻撃を擁護する気は全くありませんが、「テロ」という言葉は呈のいい政治家用語かもしれませんね(アルカイダは自ら「フリーダムファイター」と言っているし)。そしてまた「テロリズム」を行う人たちも、そこに甘えている気がする。理想を掲げる事=暴力を行う権利と履き違えている。なんていうか、「頭使いなさい」と言いたい。自分達のポリシーの前に敵の殺傷ありき、では真の政治目的は得られないだろう、と常につっこむ私であります。我等は21世紀に生きているのだよ、と思う私、、、は何様(笑。いいの、単なる私の脳内思想だから)?
8 | URL | 2007/07/02/Mon 17:38 [EDIT]
懐かしいけど・・・
ウォルトン・オン・テームズで短期スティしていた時に、足しげく毎日ロンドンへと通ったので、私にとってもロンドンは思い入れのある場所です。
とても懐かしいけど、テロのニュースなど耳にすると、もう訪れることもないかなぁ・・・なんて。

>何か、わけのわからない意思が勝手に動いていると言う感じで

本当にそうですよね。
そして、我々にはどうすることもできない・・・

わたし的には、飛行機に搭乗する際の液体持込禁止が、テロによる一番身近な被害です。
何言ってるの?と思われるかもしれませんが・・・。

ぽろ | URL | 2007/07/02/Mon 20:27 [EDIT]
8さんへ
パラレルワールドの住人なら、ぶつかることなく平行線で問題ないけれど、幸か不幸か、ひとつの星の中で違う思想を共有しているのだから、少しは妥協という言葉も考えてみようよ、と。私のようなノンポリな第三者からみると、ただ単に意地の張り合いとしか思えないようなことばかりだし。
ついでながら、曖昧な日本人の私としては、譲れないところは譲らないでアンタッチャブルにしてもかまわないけれど、要求を押し通したいなら、少しは態度を軟化させて譲歩しようぜ、と思わなくもないんですよね。
地球上には、自分たち以外に、文化、思想、宗教、言葉などなどを異にした人々がたくさんいると言うことを肌で知って、頭を使って欲しいものです。
・・・一番偉そうなのは私かしら? (爆) 
しいこ | URL | 2007/07/03/Tue 14:44 [EDIT]
ぽろさんへ
イギリスにいらしたことがあるのですね!! いやはや、相変わらずな国ですよね。(爆) 
はともかく、テロ未遂にテロもどき(?)があった今だからこそ、一番安全だとは思いますけれど、一番被害をこうむるのは一般市民なんですよね。
おっしゃるように、飛行機に乗るのに水物持ち込み禁止とか・・・。
友達でも、アムステルダムで乗り換えのときに、規定の水物あわせて100MLですら持ち込めずに、日本で買った小さなリキッドファンデーションを没収されたと言う、かなり謎なことがあって、憤慨していましたよ。
しいこ | URL | 2007/07/03/Tue 14:56 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© のほほんのほほんな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。